研究プロジェクトresearch

観光産業がさらに発展するよう、消費者の需要創造や地域の魅力アップを
目指した調査・実証実験を多数行っております。

キーワードで検索する ※複数選択可

(全128件中 21 - 30 件を表示)

101

最新ビッグデータ分析によるタイプ分類で地域の「目指す姿」を考えよう 観光地のブランディング研究

温泉、文化、自然など様々な要素で構成され、それぞれが魅力ある個性を放っている日本の観光地。観光地の数だけブランドがあり、持続可能な観光の実現には、多様性が不可欠である。この数値化されにくい“ブランド”を、JRCではビッグデータを使って分析。異なる魅力を持ちながら、地域がどのようなタイプに分類されるのか試してみた。それは“正解のない”探索的研究。地域の戦略をカスタマーに届ける、新手法となるか!?

「とーりまかし」vol.65(2021年9月号)

100

データでわかる!ワーケーション需要の実態と可能性

コロナ禍による影響の一つに、「通勤しない」という働き方の変化がある。そしてテレワーク化により注目度が上昇したのがワーケーションだ。 しかし、どれほど需要はあるのか、受け入れ側の地域・宿にメリットはあるのか…?カスタマー調査から、その実態を探ってみたい。

「とーりまかし」vol.65(2021年9月号)

099

2020年度コロナ禍の旅行実態を知る じゃらん宿泊旅行調査2021

P02-15_じゃらん宿泊旅行調査2021

長引くコロナ禍の影響で、移動を制限される生活が続き、観光業界には厳しい1年となった2020年度。そんななか、人はどのように旅をしたのか?旅はどう変わったのか? 多くの方が肌感覚で感じ取っていたことを定量的に捉えることで、ウィズコロナ、アフターコロナへの道すじを考えてみたい。

「とーりまかし」vol.65(2021年9月号)