研究プロジェクトresearch

観光産業がさらに発展するよう、消費者の需要創造や地域の魅力アップを
目指した調査・実証実験を多数行っております。

キーワードで検索する ※複数選択可

(全92件中 1 - 10 件を表示)

091

最新の研究や事例に学ぶ 居住空間のこれから

私たちの日常を大きく変えた新型コロナウイルス感染症の拡大。その影響は観光業界だけでなく、さまざまな領域に及んでいる。今回は住まいやオフィスにまつわる研究や事例を通じて、観光業界とも関わりの深い“居住空間”の在り方を考察する。

「とーりまかし」vol.62(2020年12月号)

090

旅行ロスを埋めるマイクロツーリズム、 想定外のお化け屋敷、 文豪の“缶詰”を体験できる老舗旅館… 3密回避 エンターテインメント

日常生活も、イベントなども、3密回避が前提に進んでいくコロナ禍。すべてこれまで通りにいくわけじゃない。でも、これってピンチ?いや、チャンス!3密回避を逆手に取れば思いもしなかったアイデアで乗り切っていけるはず。エンターテインメントへの見事な昇華事例をご覧あれ。

「とーりまかし」vol.62(2020年12月号)

089

「持続可能な観光」ってどういうこと? 客よし、地域よし、住民よし! 「三方よし」の 観光地経営

ここ数年、SDGs(持続可能な開発目標)という言葉が社会全体で注目され、観光についても「持続可能」であることを追求する動きが生まれつつあった。では、「持続可能な観光」とはいったいどういうものなのか?たとえば、集客数より誰に来てもらうかを問う、「量から質」への転換もその一つだ。コロナ禍の環境では、観光マーケティングにおいてもこれまで同様の考え方はできないが、そんな今だからこそ、「持続可能な観光」の発想が価値を発揮すると言えるかもしれない。

「とーりまかし」vol.62(2020年12月号)

088

感染リスクを踏まえた 新たな時代への対策事例

調査により明らかになった、コロナ禍でのカスタマーの旅行への意識。春休みに続きGWと、本来であれば多くの観光客を迎え入れていたはずの地域では、この間、どのような取り組みを行っていったのか。新型コロナウイルスに限らず、自然災害とは無縁になれない日本。これまでの教訓からも、今回の経験からも学ぶことは大きい。3密回避の先にある、その対策を共有していこう。

「とーりまかし」vol.61(2020年9月号)

087

「新型コロナウイルス感染症の旅行市場への影響」調査より 国内宿泊旅行需要の変化

3月ごろから大きく落ち込んだ国内旅行の旅行者数は今後どうなっていくのか?3月から5月にかけて行った調査をもとに、この先の国内旅行の可能性を考えていく。

「とーりまかし」vol.61(2020年9月号)

087

「じゃらん宿泊旅行調査2020」より 2019年度の国内宿泊旅行実態

じゃらんリサーチセンター(JRC)が毎年、1万5000人の国内宿泊旅行者を対象に行う「じゃらん宿泊旅行調査」。新型コロナの影響を受けた今回の結果だが、上半期の好調や、宿泊費用アップなどの傾向もしっかり把握しておきたい。

「とーりまかし」vol.61(2020年9月号)

086

自ら持続可能な農山漁村を創るための実証実験を開始!宮城県農政部×ジバ観 農山漁村関係人口創出プロジェクト

2019年、ジバ観(観光ジバづくりのための協働チーム育成研究)が宮城県農政部農山漁村なりわい課と「農山漁村交流拡大プラットフォーム」づくりを始めた。観光ジバづくりのノウハウを応用して、農山漁村の関係人口を創出し、自ら持続可能な農山漁村を創っていく新たな実証実験プロジェクトだ。そのチャレンジの内容と参加者の声を紹介する。

「とーりまかし」vol.60(2020年6月号)

085

遊休資産を地域のユニークネスに変えろ!官民パートナーシップが生み出す観光体験の次なる一手

国や自治体が所有する遊休資産を、魅力的な観光資源に変えるために、民間事業者の”アイデア”や”稼ぐ力”を活用する試みが増えている。今回は、官民連携を通じて新たな観光資源を生み出した2つの事例を紹介。これからの官民パートナーシップに求められるポイントや、その可能性を探る。

「とーりまかし」vol.60(2020年6月号)

084

外国人ニーズを捉えた”マッチングツール”で地域資源を稼げるコンテンツへ 着地から考える新・インバウンド攻略法 「インバウンド旅行者の需要創造メカニズム研究」より市町村の取り組み事例(高知県仁淀川町・富山県高岡市)

新型コロナウイルスの流行により、観光業界は未曽有の困難の中にあるが、今は事態の収束後に向け、できるかぎりの準備を進めて行くべきときだ。本特集では、まだ知られていない地域資源を掘り起こし、狙うべきターゲットを絞ることで、市町村レベルで取り組めるインバウンド攻略法を提案し、その実践結果をご報告する。

「とーりまかし」vol.60(2020年6月号)

083

平成31年度「新しい東北」交流拡大モデル事業(普及・展開)概要より 2020注目のコト消費コンテンツ スポーツツーリズムの可能性

昨年のラグビーW杯、今夏開催の東京2020オリンピック・パラリンピックと日本で大型スポーツの祭典が続き、観光コンテンツとしてのスポーツの注目度が上昇中だ。近年はスポーツツーリズムに対する機運も高まっており、各地で様々な取り組みが始まっている。東北3県でも、スポーツコンテンツを核にインバウンド誘客を目指す事業が始動。同事業の取り組みをひも解きながら、今後の国内観光におけるスポーツツーリズムの可能性を探っていく、

「とーりまかし」vol.59(2020年3月号)