NEWS & TOPICS

2013年3月のアーカイブ

2013/03/07

【2013年3月7日発表】国内線LCC利用実態調査(2013)リリースしました

この度、全国の国内旅行・帰省で飛行機を利用した方を対象に、国内線LCC(ローコストキャリア=格安航空会社)に関する調査を実施しました。その結果をお知らせいたします。

●直近1年間の飛行機利用者(旅行、帰省)のうち、LCC利用者は7%で、関西居住者の割合が高い。

●認知度、満足度ナンバーワンは「ピーチ・アビエーション」。

●LCC利用者の今後の意向は96%。非利用者でも63%と高い。

主な調査結果は以下、ご覧ください。

【国内線LCC利用実態】

利用者出現率は7%、男女とも20代の「若年層」で出現率が1割以上。
最初のLCC就航エリア「関西」、ついで「九州・沖縄」居住者の利用率が高い。
満足度は、認知率がトップで、若者イメージが高めの「ピーチ・アビエーション」が1位。

■直近1年間のLCC利用者の出現率は、7%。男女とも20代では1割を超える出現率。
■最初の就航エリアである関西や九州・沖縄居住者の割合が高い。
■LCC各社の評価は、「ピーチ・アビエーション」が満足度9割でトップ。3社中最下位の「エアアジア・ジャパン」も7割で、全体的に満足度は高い。ターゲット層に重なる「若者向けの」イメージは「ピーチ・アビエーション」が36%と最も高い。「ピーチ・アビエーション」は認知率も76%と高く、LCC各社の中では一歩抜きんでた評価。
■LCCのイメージは「全体的に価格が安い」「コストパフォーマンスが良い」など。「マイレージやポイントプログラム」「座席の広さ」「遅延・欠航のリスクが少ない」などは、利用の有無にかかわらず「あてはまらない」と認識されている。

【今後のLCC利用意向】

利用者の今後のLCC利用意向は96%に達する。非利用者でも6割を超える。
「男性20代」や今後就航が予定される「東北エリア」で高い傾向。

■利用者における今後の利用意向は96%。非利用者でも63%と高い。
■男性20代で利用意向が9割以上。「ピーチ・アビエーション」の就航を控える東北では「積極的に利用したい」が34%、利用意向は86%と他エリアよりも高め。

【LCCのマーケットへの影響】

LCCは旅行意欲の促進効果あり。
「浮いたお金」のうち、7割が旅行市場(交通費除く)で消費が増加したと推測される。

■“LCCがなければ利用していた交通機関”は、既存航空会社が7割。
■「今まで飛行機を利用したことがなかったがLCCをきっかけに初めて利用した」人は16%。「今まで飛行機を利用したことがあり、LCCをきっかけに飛行機の利用回数が増えた」(54%)、など促進効果あり。
■LCC利用で“得をした”という意識は高い。浮いたお金は「現地滞在の買い物や食事などで少し贅沢した」が41%。なんらかの形で浮いたお金を使う意向がある人が7割。


本件の詳細・PDFはこちらよりご覧ください。
20130307_LCC

続きを見る

2013/03/05

【申込受付中】食をテーマとした地域活性セミナー「自立・自走する地域づくりを考える」

 食をテーマとした地域活性セミナー

自立・自走する地域づくりを考える

~地域と都心部を繋ぐ「地産都消」の新たな潮流から~

昨今、地域の観光資源を活かし地域の魅力を創出していくために、自立し自走できる地域づくりが求められています。地域と都心部を繋ぐ「地産都消」の新たな潮流から、解決策を探ってみたいと考えております。当日は鈴木正晴様を迎えて作り手と使い手を繋げるプロフェッショナルの観点から、日本のモノづくりの魅力、その伝え方についてもお話しいただきます。食をテーマとした地域活性にご興味のある皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

■日時:2013年3月26日(火) 14:00~16:20 (開場 13:30)

■場所:(株)リクルートライフスタイル本社 41階アカデミーホール

          東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー41階

■参加費:無料

■定員:200名

■参加要件:自治体・商工会・観光協会の皆様

【プログラム】

■14:00~14:10 ■  開催のご挨拶

■14:10~15:00 ■  地域の「価値」を高め、需要を創造する「地産都消」型事業の可能性

           ホットペッパーグルメリサーチセンター センター長  竹田 邦弘

■15:00~15:50 ■ 【基調講演】「日本の良いモノ ~作り手と使い手をつなげる出会いの創出」

          株式会社コンタン 代表取締役社長 鈴木 正晴様

■15:50~16:20 ■  地産都消を応援する秋葉原高架下プロジェクト「食ラボ(仮称)」について

          じゃらんリサーチセンター エリアプロデューサー  渡邊 知

【基調講演 話者プロフィール】

鈴木 正晴 (すずき まさはる)様

株式会社コンタン代表取締役社長。日本百貨店ディレクター兼バイヤー。群馬県桐生市PR大使。全国商工会連合会専門家 。

1975年神奈川県生まれ。1997年東京大学教育学部卒業後、伊藤忠商事㈱に入社。アパレル関連の部門で、素材、生産から小売部門まで幅広く担当。 2006年4月に株式会社コンタンを立ち上げ、国内外のブランドのブランディング業務を行う。コンセプトは“日本ブランドの海外進出”。立ち上げから常に一貫してMADE IN JAPANの海外進出に関わる業務を行う。 2010年12月には東京・御徒町に、日本の優れものを集める小売店“日本百貨店”をオープン。食・雑貨・衣料雑貨など、全国から様々なこだわりの商材を集め、作り手と使い手の出会いの場を提供している。 今年6月には秋葉原に大型の“食のテーマパーク”日本百貨店・食品館をオープンする予定。海外への出店を見据えての事業拡大を続ける。

お申し込み方法

▼詳細・お申し込み方法は、以下をご覧ください。

セミナーご案内状・申込書をプリントアウトいただき、
FAXにて、2013年3月22日(金)までに、お申し込みください。

ご案内・お申込みはこちら

続きを見る

2013/03/05

「観光会議きゅうしゅうvol.35」発行。今号のテーマは離島振興

「観光会議きゅうしゅうvol.35」を発行しました!

【特集】

離島の現状と取り組み

<五島> 受け入れ態勢の強化を図る
<上対馬> 「対馬とんちゃん部隊」が行く
<甑島> 「島の食卓展2012」で、都会との接点を!
<種子島> 生姜山にしょうがを取り戻せ!
<奄美大島> 島々の魅力を一元化してアピール

【地域の魅力を教えて!】
市長訪問

【ケーススタディー1】
ハウステンボスは何が変わったか

電子ブックで見る

 

観光会議きゅうしゅうの編集長の木村です。第35号を発行しました。

 今号は、「離島振興」をテーマに編集しています。 

行政、地域ガイド、地域おこし応援隊のほか、島々の魅力を一元でPRをする、島外の人が応援をする、

といった様々な事例を紹介しています。 

離島で起きている課題は、高齢化や交通の問題など、過疎地での課題とも共通する部分がたくさんありました。

 この取材で強く感じたのは、地域に訪れきちんと知る、体感する事が、必要だということです。

特に離島は、排他的経済水域を保持するなど、重要な役割をもっていますから。

その他、開業初の黒字化を達成したハウステンボスなど取材をしています。

参考になる部分が少しでもあれば、幸いです。

続きを見る