研究プロジェクト

009

女性個人客を呼び込む旅行商品設計プロジェクト

団体集客ではなく、個人客を自社で集客していきたい宿が、自分たちの力で宿泊商品を設計し、継続的に自走できるためのノウハウや仕組みを考えるためのプロジェクト。従業員全員で実施するワークショップ形式を導入し、1.資産の棚卸 2.ターゲットの設定 3.商品案設計という3つのステップで宿泊プランを作成。


008

「美し国」三重うまいもんプロジェクト

地産地消に取り組む三重県で実施した、温泉地における地産地消プロジェクト。現状の食事に少しずつ地産のものを採り入れるノウハウや、またその取り組みを宿泊客にアピールするお品書きなどのコミュニケーションツールを研究した実証実験。


007

国内旅行意向調査人はナゼ旅に出るのか

全国の男女に対し、旅行に求めるものを調査。9割は「旅行に行きたい」と思っていることがわかったが、その欲求は異なり、旅行が大好きな人もいれば、自分の価値観に合わなければショッピングにお金を使うような「風来坊」などの層も存在することがわかった。


006

有馬88(米)プロジェクト

有馬温泉で米を使った地域おこしを実施。宿泊施設や飲食店などで、米粉を使用した煎餅やパン、そば、玄米フレークを使ったパフェなど様々なメニュー開発に取り組み、新たな街の魅力づくりとして取り組んだ。プロジェクトロゴのも地元のデザイナーが作成した。


005

体験旅行に関する調査

グリーンツーリズムに関する調査。広い分野を指す本件について、具体的な体験名を提示し、それぞれの関心度などを調べている。シニア層では本格的な体験を望む人もみられるが、全般的に女性を中心に気軽に楽しめる体験を望む傾向が強いことがわかった。


004

宿の満足度に関する調査

宿の中でも特に旅館に注目して実施した調査。館内で受けられるサービスを挙げ、重視したポイントとその満足をリサーチ。旅館に対するイメージは主に食事を中心としたものが多く、部屋で出される食事や、その土地の料理が食べられるといったイメージが強い。


003

子連れ家族旅行に関する調査

ファミリー旅行の実態調査。一口に「ファミリー」といってもその形は様々。本調査では特に子供の年齢に着目して分析。宿の施設やサービスを重視する乳幼児連れの家族に対し、小学生連れの家族旅行では旅先での体験や内容を重視することがわかった。


002

OL旅行実態調査

消費意欲が高いといわれ、常に注目されている若い女性たち。ターゲットとする宿やエリアも多いなか、彼女たちの旅行の実態はどうなのか。旅行にかけるお金や、興味のある宿のサービス重視しているポイントなどを詳細に調べている。


001

マクロビオティックで食事を変える熱海温泉ホテル「湯治館そよ風」

宿の食事にマクロビオティックを取り入れた実証実験。専門家を導入し、調理指導や研修などを行い、メニュー開発まで行った。料理に関する問い合わせが増えたり、リピーターの満足度が上がるなどの効果がみられた。