NEWS & TOPICS

2017年1月のアーカイブ

2017/01/20

【リリース】インバウンド対応満足度調査結果報告

訪日旅行で良かったサービス・対応は
①「おいしい飲食店の多さ」(49%)
②「地元の人のホスピタリティ」(43%)「魅力ある飲食店の多さ」(43%)
高評価は「食」と日本人の「ホスピタリティ」、課題は多言語対応

この度、一年以内に訪日経験のある外国人を対象に、訪日旅行についての調査を実施しましたので、結果をご報告いたします。

■主な調査結果■

1.宿泊した施設…「中価格帯ホテル」が49%

●最も利用率が高いのは「中価格帯ホテル」(49%)。次いで「高級ホテル」(33%)、「日本旅館」(24%)。リピーターの多い香港は「格安ホテル」(30%)、「B&B 民宿ペンションロッジ」(29%)などの選択率が高め。

2.同行者…「夫婦・パートナー」が53%、「自分ひとり」は18%

●「夫婦・パートナー」が53%、次いで「家族・親族」が27%。「自分ひとり」は18%。

●香港では「家族・親族」が39%と高めで「自分ひとり」が少ないのが特徴。

3.到着前に利用した情報源…インターネットの利用率が高い

●「宿泊施設ホームページ」(48%)、「検索サイト」(47%)、「宿泊予約サイト」(46%)などインターネットの利用率が高い。

●香港は利用情報源が多く、「検索サイト」(64%)や「宿泊予約サイト」(61%)は利用率が6割を超える。「テレビ番組」(36%)、「新聞・雑誌」(40%)なども利用率が高い。シンガポールでは「口コミサイト」の利用率が46%と高め。

4.到着後に利用した情報源…案内所や宿泊施設のスタッフなどのコンタクトポイント

●「空港の観光案内所」がもっとも高く55%、次いで「宿泊施設のスタッフ、コンシェルジュ」(47%)、「街の観光案内所」(46%)、「現地のお店(飲食店、お土産やなど)の店員」(44%)など、コンタクトポイントにおける情報源の利用率が高め。

●香港は「現地のお店(飲食店、お土産やなど)の店員」(52%)、「現地のフリーペーパー、小冊子(無料)」(43%)など、アメリカ合衆国やフランスは「観光案内人(ガイド)」の利用率が5割前後と高め。

5.訪日旅行中のサービス・対応について

○訪日旅行を楽しむために必要だと思った点
…公共交通、ネット環境などの利便性、飲食やホスピタリティが上位に挙がる

●①「公共交通の乗り方の利便性(使いやすさ・アクセスの良さ)」(36%)、②「おいしい飲食店の多さ」(35%)、③「地元の人のホスピタリティ」(30%)、④「無料公衆無線LAN環境などネット環境の良さ」(29%)などが上位。

○良かった点
…食とホスピタリティは高い評価を得ている

●①「おいしい飲食店の多さ」(49%)が突出、次いで②「地元の人のホスピタリティ」(43%)、③「魅力ある飲食店の多さ」(43%)が続く。

○良くなかった点
…「あてはまるものはない」が3割超え。課題は多言語対応

●「地元の人との多言語でのコミュニケーション」(19%)、「飲食店のスタッフの多言語での対応力」(19%)などが上位に挙げられる。一方、32%が「あてはまるものはない」と回答しており、概して満足度は高い。

▼その他、詳細は以下URLからご覧ください。
インバウンド対応満足度調査結果報告

続きを見る