NEWS & TOPICS

2015/07/01

「若年層ゴルフ市場活性化のための調査」を実施しました

この度、全国の18~25歳の男女9,666名を対象に「若年層ゴルフ市場活性化のための調査」を実施致しました。

旅先リゾートでのプレーも多く、旅行コンテンツとして非常に有望なゴルフ。 より多くのゴルファーを創出することで、旅行者増、地域消費増に繋がるのではないか…という想いのもと、今後ゴルフ市場を活性化させるために有望ターゲットである若者層のゴルフに対する意識やプレーに関する傾向を把握するために行った調査です。

 ■主な調査結果

アウトドアスポーツの実施経験(これまでに行ったことがあるスポーツ)

18~25歳男女のゴルフ経験率は、練習場での経験が14%、コースでの経験が5%。

経験率は、他のアウトドアスポーツと比べて決して高くなく、何らかの働きかけがなければ、経験する機会の少ないスポーツだといえる。

1_4

 

アウトドアスポーツの今後の実施意向

練習・コース利用とも、自発的な意向者(ぜひおこないたい+機会があれば)は約4人に1人。

2

 

各スポーツのイメージ

『ゴルフ』は、「大人っぽい」「大人受けがよい」イメージ。イメージが悪いというより、“イメージが薄い”のが現状。

コース利用経験層からみると、「熱中できる」「みんなで楽しめる」スポーツだが、未経験層には楽しさが伝わっていない。

3_2

 

    

▼その他、詳細は以下よりご覧ください。

http://jrc.jalan.net/jrc/files/Golf_Reserch.pdf