NEWS & TOPICS

2014年5月のアーカイブ

2014/05/30

『雪マジ!19~SNOW MAGIC~』2013-14シーズン結果報告

この冬、3季目となるスノーエリア再活性化のための若者需要創出プロジェクト『雪マジ!19~SNOW MAGIC~(以下雪マジ!19)』を実施いたしました。このプロジェクトでは、「じゃらんリサーチセンター」の呼びかけに賛同した日本全国172カ所のゲレンデと連携し、スノーアクティビティ業界にとって最も重要なエントリー層と考えられる19歳(※)を対象に、リフト券代を無料にし、一度スノーエリアへ足を運んでもらい、体験してもらうことで再活性化することを目指しました。

本取り組みの3季目の結果についてご報告いたします。なお、4季目となる来冬も、本プロジェクトを実施予定です。

※3季目対象者は1994年4月2日~1995年4月1日生まれの男女

Photo_4

◆結果概要◆

■ 2013-14シーズンに『雪マジ!19』会員登録数15万874人、2012-13シーズンより約5万人増加。 (4月23日時点)

■ ゲレンデ延べ動員数は約52.8万人(推計)。

■ 会員の9割強がスノーエリアへ来訪、平均来訪回数3.5回。

『雪マジ!19』会員登録者15万874人のうち、『雪マジ!19』を利用して今冬ゲレンデへ行ったと答えたのは9割強(右グラフ参照)。来訪0回層を含む平均ゲレンデ来訪回数は3.5回と、2季目の3.21回より増という結果となった。また『雪マジ!19』によるゲレンデ来訪延べ人数は、2季目より約18.2万人増加の52万8,059人(※1)となった。 ※1 『雪マジ!19』会員15万874人×平均来訪回数3.5回=52万8,059人 

Photo_2

■ 『雪マジ!19』によって、19歳のゲレンデ延べ動員数約22万人を新規創出(推計)

『雪マジ!19』による延べ来訪者数約52.8万人のうち、この企画により創出された新規需要を約22万人と推計(※2)。 ※2 『雪マジ!19』会員15万874名×1.46回 (『雪マジ!19』会員の平均来訪回数3.5回-通常の19歳平均来訪回数2.04回)=22万276人(小数点以下、四捨五入)

■ リフト券は無料。しかし、ゲレンデ内でのレンタルや飲食、ゲレンデ周辺での消費活動にて、付帯売上につながった

・『雪マジ!19』は、フリーミアムのビジネスモデルをスキー場へ応用し、市場拡大と利益拡大を目指した。今季スノーアクティビティを開始した19歳層が来年は有料で再訪することと、来訪した19歳層が「レンタル」「スクール」「飲食」 「宿泊」などゲレンデ内や、ゲレンデ周辺で消費を行った。 ・また、2013-14シーズンの『雪マジ!19』会員に対し、来季のゲレンデ来訪意向を5段階評価で尋ねたところ92.6%が最も強い意向である「 (『雪マジ!19』が無くても)ゲレンデに是非行きたい」と回答している。

■7割強のゲレンデ、「参加してよかった」

賛同ゲレンデへのアンケート結果(※3)によると、「雪マジ!19」に「参加してよかった」と回答したゲレンデが7割強。理由に「若者が喜んでくれた(64.5%)」「新規客が増えた(62.9%)」「レンタル・レストランなどの売り上げにつながった(61.3%)」など、ゲレンデ側も一定の成果を感じた結果となった。 ※3『雪マジ!19』参画ゲレンデ対象調査

2_2

プレスリリースは以下よりご覧下さい

http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/2014/05/30/yukimaji19_20140530.pdf

続きを見る