NEWS & TOPICS

2014年2月のアーカイブ

2014/02/25

20歳をJリーグ観戦に無料招待!「Jマジ!20 ~J.LEAGUE MAGIC~」2ndシーズン始動!

~会員の約4割が、「Jマジ!20」がきっかけでスタジアム観戦へ ~

この度、じゃらんリサーチセンター(JRC)は、2013年度に引き続き、公益社団法人 日本プロサッカーリーグとともに、20歳男女をJリーグ観戦に無料で招待する「Jマジ!20 ~(※)J. LEAGUE MAGIC~(以下「Jマジ!20」)」を企画・実施します。 ※読み方:ジェイマジトゥエンティ

なお2月25日より、専用ページをOPENし、参画クラブであるJ1全18クラブ中14クラブ、J2全22クラブ中13クラブ(2月25日時点、クラブ名は別紙プレスリリース参照 )の対象試合の予約申し込みを順次受け付けます。

J

「Jマジ!20 ~J. LEAGUE MAGIC~」概要

消費者の高年齢化と若年層の消費減少は、さまざまな業界にとって共通課題となっています。 JRCは若者の旅離れに歯止めをかけるため、旅の目的の1つとして挙げられる「スポーツ観戦」、中でもJリーグ観戦に注目しました。

Jリーグは、日本全国にクラブが点在し、観戦者の37%はアウェイ観戦をしている(※)ため「Jリーグ×旅」での誘致は可能であると考えました。Jリーグは、誕生時から支援し続けるファンが多く定着している一方で、新規ファンの獲得が課題とされています。

JRCが実施した調査(※)によると、18~25歳の若年層男女は、観戦経験は少ないものの、他の年齢層に比べ観戦意向が強いことが分かりました。また、観戦経験者の入れ込み度も高く、定着率も高い(この3年以内で観戦デビューをした人の中で、直近1年間に観戦実施している割合が高い)有望なターゲットという結果が出ました。

そこでJRCは、若年層のJリーグ観戦を活性化し、中長期的な旅行需要を創出するプロジェクトとして、公益社団法人 日本プロサッカーリーグと協働で2013年5月に「Jマジ!20」を始動しました。活動初年度(2013年度)はJ1、J2の全40クラブが参画し、258の対象試合に20歳を無料で招待したところ、1万8,970名が「Jマジ!20」の会員となり、チケット予約枚数は1万6,413枚に達しました。

また、「Jマジ!20」の会員に向けてアンケート調査を行ったところ、「Jマジ!20」がなかったらスタジアム観戦はしなかったと答えた会員はおよそ40%、「Jマジ!20」がきっかけで観戦回数が増えたと答えた会員はおよそ50%と、スタジアムへの来訪促進につながったことが見て取れます。

さらに、「来シーズンも観戦をしたいか」に関しては、会員の98%が「観戦したい」と答えており、「Jマジ!20」が若年層に対し、Jリーグ観戦のきっかけ作りとファン醸成につながったと考えられます。

JRCは、2014年度の「Jマジ!20」を通じて、試合前後も含めたサッカー観戦の楽しみを伝え、未来のコアサポーターを創出し、中長期的にアウェイ観戦者も増やすことで、旅行需要の創出も目指していきます。   ※「Jリーグ観戦実態調査」/ JRC調べ  

「Jリーグ観戦実態調査」は以下よりご覧下さい。
http://jrc.jalan.net/j/2014/01/post-2423.html

「Jマジ!20 ~J. LEAGUE MAGIC~」の特長  

今年度(2014年度)の20歳を対象にJ1・J2クラブの試合観戦に無料招待(※1)! Jマジ!20サイトから対象試合をチェックし、行きたい試合を選んでチケットをお申し込み(※2)いただければ、対象試合に無料でご招待します。

試合当日スタジアム所定の引き換え窓口で「ポンパレマイページ上のチケット画面orマイページからの印刷チケット」と、写真つき身分証明書提示で引き換えします。  

(※1)試合により、招待人数は異なります。複数回の申し込みは可能です

(※2)チケットの申し込みには「ポンパレ」を使用するため、「ポンパレ」会員登録(無料)が必須となります  

■対象者:1994年4月2日~1995年4月1日生まれの男女

■対象試合:2014年3月~12月までに開催されるJ1リーグ戦及びJ2リーグ戦およびJリーグヤマザキナビスコカップの公式戦

■参画クラブ:J1クラブの14クラブ /  J2クラブの13クラブ( 2014年2月25日時点)※参画クラブは別紙をご参照下さい

■公式サイト(PC・スマートフォン)

http://www.jalan.net/jmaji20/

■公式SNS(facebook・twitter)

https://www.facebook.com/jmaji20

https://twitter.com/jmaji20

■会員登録および試合予約受付開始日:2014年2月25日(火)  

※シーズン中何度も申し込みが可能ですが、1試合に対して、1会員1枚ずつのみの申し込みとなります

プレスリリースは以下ご覧ください。

http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/2014/02/25/Jmaji20_20140225.pdf

続きを見る

2014/02/18

【終了しました】この冬限定!「秘密の想い出チケット」2月16日(日)まで

この冬限定!「秘密の想い出チケット」が大盛況の中に終了しました。

キャンペーン期間中「秘密の想い出チケット」を購入し、横浜で特別体験をされた皆様、大変ありがとうございました。

最後に、今後の改善点などを把握するため、チケットを購入され、実際に体験された皆様の声をお聞かせください。

購入した際に渡された「この冬!秘密の想い出チケット」購入者アンケートに記入いただき、そのままポストへ投函ください。もれなく、「横浜にちなんだグッズ」のプレゼントをさせていただきます。

※応募締め切りは、2014年2月23日(日)まで

よろしくお願い致します。

----------------------------------------------------------------

この冬限定!「秘密の想い出チケット」2/16日まで実施中です!
横浜で特別体験をしませんか。

現在、じゃらんリサーチセンターは、公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー様と協働で、「横浜型ニューツーリズム(着地型観光)」事業に取り組んでいます。

この事業の一環として、横浜市内約40施設・事業所で「秘密の想い出チケット」購入者しか体験できない特別体験ができるこの冬限定の「秘密の想い出チケット」が昨年12月10日(火)から発売されていて、購入された方からも好評いただいています。 横浜市内約40の施設・事業者が「横浜らしさ」や「オリジナル性」を意識しながら、通常のサービスにはない、本チケット限定の特別プランを企画しています。

Vert

プラン毎にチケットの必要枚数が設定されていて、チケット購入者は40を超える特別プランの中から、自分好みに組み合わせて自由に利用することができます。 この冬限定の「秘密の想い出チケット」で今までと違った横浜の想い出を作ってみませんか。

【この冬限定!秘密の想い出チケット】

▼販売・実施期間:2014年2月16日(日)まで

▼チケット(2種類):6枚セット 3,000円/10枚セット 5,000円 

▼専用サイト: http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/special/himitsu/

▼参加施設およびプラン内容:専用サイトをご参照ください

▼お問合せ先:「この冬限定!秘密の想い出チケット」事務局 TEL 050-3803-6534 

対応期間:2014年2月16日(日)まで(11:00~18:00)

▼主なチケット販売先 ※詳細は専用サイトからご覧ください。 http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/special/himitsu/

【観光案内所】みなとみらい駅観光案内所、横浜人形の家観光案内所

【ホテル】横浜ロイヤルパークホテル、横浜ベイホテル東急ほか

【市内施設】ジラフ、横浜博覧館、横浜マリンタワー、横浜みなとみらいホールほか

【インターネット】e+(イープラス)チケット

続きを見る

2014/02/17

2/14から発売!新リサーチ手法「MROC (エムロック)」で開発「白いカレー」

「まずい・高い」ゲレ食イメージを一変!
新リサーチ手法「MROC (エムロック)」で開発「白いカレー」

この度、じゃらんリサーチセンターは、19歳のリフト券を無料にする スキーエリアの若者需要創出プロジェクト『雪マジ!19』を通じて、 若者におけるスノーレジャーのプレゼンス向上と、誘客促進を行っております。

今年度はその一つとして、 舞子スノーリゾート(新潟県南魚沼市、代表取締役:田中章生)の協力のもと、 一般的には美味しいイメージのない「ゲレ食(ゲレンデの食事)」の 開発を新たなリサーチ手法を用いて実施することになりました。

株式会社リクルートテクノロジーズ(東京都千代田区、代表取締役社長: 中尾隆一郎)が 新たなリサーチ手法「MROC(Marketing Research Online Community、エムロック)」 を使った調査用SNS「マジ会議!」を構築。

19歳~22歳の若者約250名に、彼らの興味度1位であった「カレー」について 味・ボリューム・価格・盛り付けの4点について調査。 集まったおよそ200のアイデアを元に、舞子スノーリゾートと共同で 3種のオリジナルカレーを開発しました。

※『MROC(Marketing Research Online Community、エムロック)』とは インターネット上にSNSを構築して企業の商品開発などにつなげる調査手法で、 消費者の生活や購買行動を双方向のやり取りから細かく分析できるのが特徴です。

試食会の結果、その中でも圧倒的支持を得た「ホワイトマジック☆カレー~白い魔法で甘くなっちゃいました~」 を2月14日より舞子スノーリゾートで発売スタートしました。

Photo

【商品概要】

商品名:ホワイトマジック☆カレー~白い魔法で甘くなっちゃいました~

価格:900円(数量限定)

発売場所:舞子スノーリゾート日帰りスキーセンター (新潟県南魚沼市舞子1819-79)

詳細は以下、プレスリリースをご覧ください。

http://jrc.jalan.net/jrc/files/newsrelease/R-tech_gereshoku.pdf

続きを見る

2014/02/04

「ゴルフ市場に関する実態調査」をリリースしました

若者のゴルフ離れを止めるには「仕事絡み」より「家族・友人」

~「ゴルフ市場に関する実態調査」より~

この度、若者のゴルフの意向を調査しました。ここにその調査結果を発表いたします。

Dsn_0135

 【アンケート概要】  

期間:2013年9月25日(水)~29日(日)

対象:一次調査は全国の20~69歳の男女25,000人、
      二次調査は一次調査から全国の20~34歳の男女700人を抽出

方法:インターネットによるアンケート調査  

▼調査の詳細はこちらから  http://jrc.jalan.net/j/surveys.html#article12  

 

~主な調査結果~

--------------------------------------

■ゴルフのイメージ(複数回答)  

20代の「ゴルフ未経験かつ意向有り」のネガティブイメージは「お金が掛かる」。 やりたいのに始められない理由もお金。55.0%が「どのくらい掛かるかわからない」。

 

■ゴルフを始めたきっかけと希望の同行者(単一回答/複数回答)

ゴルフを始めたきっかけは「家族・友人」、次いで「仕事関係」。 年代別に見ると、年代が低いほど「家族・友人」の割合が高い。 20代のゴルフ未経験者のうち、78%が友達から誘われたいと回答。    

ゴルフコースでのラウンド経験がある者に対して、最初にゴルフを始めたきっかけを尋ねたところ、 「家族・友人」が44.4%、「仕事関係」が43.0%を占めた。 年代別に見ると、年代が低いほど「家族・友人」の割合が高く、 20代では60.7%であるのに対し、60代は38.3%。 ゴルフの未経験者が多く、 かつ今後の意向比率が高い20代の「ゴルフ未経験かつ意向有り」に対して 希望の同行者を尋ねたところ、78.0%が「友達」と回答。  

 

■性年代別ゴルフ経験率(単一回答)  

男女ともに、年齢が上がるほどにゴルフ(練習含む)の経験率が高い。 世代別では20代のゴルフ経験率が最も低く17.3%、対して60代は38.6% ゴルフ未経験者における今後の意向比率が最も高い世代は20代で44.7%。  

20~69歳男女における約3割(30.3%)がゴルフ実施経験有り。 また、コースをラウンドしたことのある経験者は合計で約2割(20.7%)を占める。 また、最近1年間に1回以上コースを利用した人の割合は8.7%となっている。 男性の41.2%が経験有り、対して女性は19.5%と性別による経験格差が明らかに。 

 

■性年代別今後のゴルフの実施意向(単一回答)  

20~69歳男女における今後のゴルフ意向者の割合は38.0%。 今後のゴルフ意向が最も高い世代は20代の44.7%。 ゴルフ未経験者における今後の意向比率が最も高い世代も同じく20代。  

今後もゴルフを「ぜひ」「機会があれば」「誘われたら」やりたいと答えた意向者の割合は全体の38.0%。 ゴルフ未経験者における今後の意向比率が最も高い世代は20代の36.8%。

---------------------------------------

プレスリリースは以下よりご覧ください。

http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/2014/02/04/golf_survey_140204.pdf

調査の詳細は以下よりご覧ください。

http://jrc.jalan.net/j/surveys.html#article12  

 

続きを見る