岡山県 観光マーケティング事業

岡山県 産業労働部 観光課

観光コンセプトの策定に先立って
地域の現状や強みを明確化

調査・分析をふまえ商品開発を行う
「マーケットイン型」戦略を実地体験

 岡山県では減少傾向にある入込客数や観光地としての認知度の低さなど課題感は持ちながらも、なぜそうした現状に至ったのかを考える基になるデータが不足し、適切な対策を打てない状況にあった。そこでまず現状を把握・分析するためマーケティング調査を実施。すでに終えた調査は次の2つである。①GAP調査:観光地の保有資源に対する認知度・関心度を調査し、強みを探るJRCの手法。今回は備前、備中、美作の3エリアで実施。②観光客満足度調査:岡山県全域のリピーター分析調査および、県内主要地域での観光客に対する 聞き取り調査。

 以上の調査後、備前・備中の各エリアでは報告会を開催。参加した宿泊施設・観光事業者と共に、調査データを活用して課題改善に向け何ができるかを考えるグループワークも行った。美作エリアでは全3回の着地型観光商品開発ワークショップ「旅づくり塾」を開催した。

 観光振興の戦略を立てるうえで今回重視したのは「プロダクトアウト型」ではなく「マーケットイン型」の考え方。本事業では調査の実施・分析と報告で終わらず、結果をふまえて地元の人々自らが対策を考える勉強会またはワークショップまでを一連の流れで行った。これにより観光客のニーズを把握したうえで商品を考える「マーケットイン型」の観光戦略を実践で学ぶ機会となった。

背景・課題

目的

打ち手

成果・実績

事例一覧

  • 研究プロジェクト
  • 調査データ
  • 研究冊子・地域事例集

コクリ

じゃらんリサーチセンターの公式facebook