横浜型ニューツーリズム(着地型旅行)事業

公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー

横浜観光客の満足度増大および回遊性を促すチケット制の着地型周遊喚起プラン

横浜観光コンベンション・ビューロー(YCVB)と協働した本事業では、横浜の新たな楽しみ方を提案する周遊施策を実施。横浜の観光事業者の協力を得て、期間限定の特別プランが体験できるチケットを販売した。

12/10〜2/16の期間限定で各施設が特別プランを実施。チケットは6枚つづり・10枚つづりを販売し、プランに応じて必要枚数を設定。今回の利用動向や協力施設からの意見は、次の施策を考える材料になった

課題:豊富な観光資源を活かし、周遊を促進できるのでは?
 横浜には魅力的な観光資源が数多い。これを活用して周遊をより促進していき、ひいては観光客の満足度アップに繋げたい。
目的:新しい横浜の楽しみ方を観光客に体験してもらうと共に、今回の事業を通じて横浜の観光事業者とYCVBの連携がより深まることを狙う。
 新しい横浜の楽しみ方を観光客に体験してもらうと共に、今回の事業を通じて横浜の観光事業者とYCVBの連携がより深まることを狙う。
打ち手:「選ぶ自由」「気軽さ」があるチケット制周遊プラン
 複数枚セットのチケットをホテルフロントや観光案内所等で販売。多彩なプランを「来訪ついで」に体験できる形式にし、周遊を促す。
成果:42施設が特別プランに協力、68日間で365セット販売
 ホテル、レストラン、観光施設など42施設が参画し、多彩な特別プランを造成。チケットは全期間で365セットを販売した。

事例一覧

  • 研究プロジェクト
  • 調査データ
  • 研究冊子・地域事例集

コクリ

じゃらんリサーチセンターの公式facebook