神奈川県地域連携型観光資源開発支援事業

神奈川県 観光課

観光商品の開発から販売までできる、「観光現場の即戦力」の育成を支援

着地型観光商品を開発する取り組みは増えているが、成功に至らないケースがあるのも現状だ。神奈川県では抜本的な改革を目指し、地域人材の発掘・育成から着手。集客につながる、着地型観光の商品化へ向けて動き始めた。

課題:効果的な着地型観光商品が生み出せていない
 商品自体はあっても観光客に魅力薄、情報発信不足などの理由で販売が不振。また個々人の取り組みに留まり、地域での連携がない。
目的:商品開発に取り組む人材を発掘し、人と人を繋げる
 魅力的な商品を開発する手法を学ぶと共に、主体的に取り組む人材と人材の関係性を強化することで地域全体の観光推進を目指す。
打ち手:商品造成や販売など各段階に応じた勉強会を実施
 地域資源の発掘や商品造成などのノウハウを講義およびグループワークで習得。その後も継続的な勉強会で参加者をフォローする。
成果:個々のスキルUPに加え、参加者相互の協力関係も増強
 既存・新規を含め旅行商品を磨き上げて完成形へ。SNSで参加者や講師が情報交換できる場も開設、継続的に活動する基盤を創出。

事例一覧

  • 研究プロジェクト
  • 調査データ
  • 研究冊子・地域事例集

コクリ

じゃらんリサーチセンターの公式facebook